超初心者向けPython入門講座

仕事の効率化などにpythonを使いたい!けど何から始めらばよいか分からない、といった初心者の方向けに、pythonの導入から実用的な使い方まで、極力分かりやすくまとめたサイトです。

python spyder

Spyderの実行場所について(Python初心者)

投稿日:

Spyderの便利な機能として、「F9キーでコードを部分的に実行できる」というものがあります。

ただし、「F5キーで全体を実行する場合」と実行場所が異なることがあり、私自身使用しているときに混乱したことがあるため、そのことについて解説しようと思います。

解説内容

 

1.SpyderとIPythonコンソール

以前、「Spyderの基本と便利な使い方」で、Spyderの画面について以下のように解説しました。

①コードし、実行するためのエディタ画面

②実行結果が出力される画面

 

しかし、正確には②は「IPyhtonコンソール」というもので、単体でコードを実行したりできる場所となっています。

Spyderでは、エディタとIpythonがくっついていると考えて頂いて構いません。

 

試しにコードを実行してみましょう。以下のコードを右下の「IPythonコンソール」に張り付け、Enterキーで実行してみてください。

dat = [1,2,3,4,5]
print(dat)

するとコードが実行され、[1,2,3,4,5]が出力されましたね。

 

このように、右下の「IPythonコンソール」は、単体でコードの記述と実行ができるということを覚えておいてください。

「IPythonコンソール」の実行場所については、下の「部分実行(F9)とIPyhonコンソール」で一緒に解説します。

Point
・Spyderの右下の「IPythonコンソール」は、単体でコードの記述と実行ができる

 

2.Spyderにおけるコードの実行場所

では次に、Spyderにおけるコードの実行場所について、「①全体の実行(F5)」と「②部分的な実行(F9)」に分けて解説したいと思います。

①全体の実行(F5)

まず、エディタに記述したコードの全体を実行する場合についてです。

 

結論から言うと、この場合は「コードを保存している場所」になります。

 

では、実際に動かしながら確認してみましょう。以下のコードを保存し、実行してみてください。

import os
os.makedirs('テスト', exist_ok=True)

すると、コードを保存した場所と同じ場所に「テスト」というフォルダができたと思います。

実行したコードは、実行場所に「テスト」というフォルダを作るものなので、実行場所がコードと同じ場所ということになります。

(フォルダの作り方についてはPython初心者入門講座の「第14章 Pythonでフォルダを作成してみよう」で解説しています)

 

ちなみに、「全体の実行(F5)」を行った場合の「IPythonコンソール」は、下のように「実行ファイルと実行場所」が記述されるので、これを覚えておいてください。

Point
・「全体実行(F5)」の実行場所はコードを保存している場所になる

 

②部分的な実行(F9)

次に、「F9」を使って部分的にコードを実行する場合です。

 

結論からいうと、この場合は「右上に表示されている場所」になります。

  

では、詳しく解説していきます。まず実行場所(右上)とは、下の赤で囲っているところです。

 

この場所は、「Spyder」を起動したときはデフォルトの場所になっています。

ただし、保存したコードを「全体実行(F5)」した場合、その場所になっています。これについて確認してみましょう。

 

1.まず、「Spyder」を一度閉じ、再度起動してください。

2.そして、右上の実行場所を確認してください。これがデフォルトの実行場所です。

3.次に、先ほど保存した「①全体の実行(F5)」のコードを実行してみてください。

4.右上の場所が、コードを保存した場所に変わったと思います。

 

このように、「全体実行(F5)」した場合は、実行場所がコードを保存している場所に自動で変わります!

 

 

では、「部分実行(F9)」の場所についても確認してみましょう。

右上の実行場所を変更したいと思います。

方法として、分かる方は直接ファイルの場所を書き換えてもらって構いません。それ以外の方は、下の手順で変えてみましょう!

 

①下に示す、フォルダマークをクリックしてください。

 

②するとフォルダの選択画面になるので、コードを実行したい場所を選んでください。(「①全体の実行(F5)」とは違う場所にしてください。)

 

③右上の場所が、選んだ場所に代わっていれば成功です!

 

この状態で、「①全体の実行(F5)」で実行したコードをすべて選択し、「F9キー」で部分実行してください。

(全体を選択して「F9」を押すことで、全体を部分実行することができます)

すると、右上で指定した場所に「テスト」というフォルダができていると思います!

このように、「F9キー」を使って部分実行すると、右上で指定した場所で実行されます。

Point
・「部分実行(F9)」の実行場所は右上で指定した場所になる

 

部分実行(F9)とIPyhonコンソール

ここで、「部分実行(F9)」した際の「IPythonコンソール」を見てください。すると、「全体実行(F5)」した時と記述が違いますね。

 

実は「部分実行(F9)」とは、選択範囲を「IPython」に張り付けて実行する、ということと同じです。

ですので、「IPythonコンソール」の実行場所も、「部分実行(F9)」と同じように、右上に書いてある場所となります。

 

ここで、実行場所について再度まとめると以下のようになります。

Point
  • 「全体実行(F5)」の実行場所はコードを保存している場所になる
  • 「部分実行(F9)」の実行場所は右上で指定した場所になる
  • 「部分実行(F9)」とは、選択範囲を「IPythonコンソール」に張り付けて実行する操作と同じ
  • 「IPythonコンソール」の実行場所は、「部分実行(F9)」と同じ

 

3.まとめ

今回は、「Spyderの実行場所」について解説しました。

この実行場所は、意識していないと思わぬ場所で実行してしまい、コードは間違っていないのにエラーが出るといったことにつながります。

私自身、Spyderの実行場所について理解が浅いまま作業していた時は、この実行場所に関するエラーでつまずいたことが何度があるため、皆さんはこのサイトを参考にして、同じミスが起きなければ幸いです。

 

Spyderの便利な使い方に関しては、「Spyderの基本と便利な使い方」にまとめていますので、気になる方はそちらもご覧ください。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-python, spyder
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Pythonでネットの情報を取得しよう(webスクレイピング)

Pythonは、ほかの言語に比べネットからデータを取ってくる事が得意な言語です。この、ネットからデータを取ってくることを「webスクレイピング」と呼びます。 普段私たちが見ているサイトの情報などは、基 …

Pythonでフォルダ内のファイル名を取得しよう(拡張子指定)

今回は、特定のフォルダに入っているすべてのファイル名を取得したり、特定の拡張子のファイル名を取得する方法について解説します。 ファイル名を取得することで、フォルダ内のファイルを対象にループ処理などを行 …

第14章 Pythonでフォルダを作成してみよう

この章では、ファイルに記入したフォルダ名を読み取り、複数のフォルダを一括で作成する方法について解説します。 解説内容 フォルダを作成してみよう ファイルからフォルダ名を読み取って作成   1.フォルダ …

第11章 Pythonでテキストファイルを読み込んでみよう(read、readlines、readline)

9章では、「input」を使ってプログラムの外から値を入力しましたね。この章では、「テキストファイル」からのデータの読み込みについて解説したいと思います。(次章では「csvファイル」の読み込みについて …

pyinstallerを使ったPythonのexe化(重くならない方法)

今回は、「pyinstaller」を使ってPythonをexe化して配布できるようにする方法について解説したいと思います。 Pythonをexe化することで、Pythonの環境を構築していない人でも使 …

スポンサーリンク





初めまして、サイトを運営しているキユと申します。

このサイトでは、まったくの初心者がPythonを使って、単純作業や仕事を効率化できるようになるまでに必要なことをまとめています。