超初心者向けPython入門講座

仕事の効率化などにpythonを使いたい!けど何から始めらばよいか分からない、といった初心者の方向けに、pythonの導入から実用的な使い方まで、極力分かりやすくまとめたサイトです。

python Python初心者講座

第6章 Pythonで計算してみよう

投稿日:2020-04-12 更新日:

この章では、Pythonを使って「計算」を行っていこうと思います。皆さんがイメージしている通り、「1 + 1 = 2」みたいなものを、プログラミング上でやってみよう!というものです。

計算」ができるようになると、データ整理などができるようになり、一気にできることの幅が広がります!では学んでいきましょう。

解説内容

 

1.Pythonの計算式を覚えよう

まず、Pythonでの「計算式」を紹介します。以下のコードを実行してください。(実行前に結果も予想してください。)

print(1+1)

すると、「2」と出力されたと思います。この結果は、おそらく皆さんの予想通りだと思います。Pythonで計算をする場合でも、基本的に皆さんが普段使っている計算式と同じようなものを使います。

ただし、「割り算の商」や「割り算のあまり」を出力する計算式など、一部普段使わない記号がありますので、ざっと下の表にまとめておきます。(計算するための記号「+」などは、「演算子」と呼ばれます)

※ちなみに、「割り算の商」とは、割り算結果の整数部分です。

演算子計算結果
a + baとbの「足し算」
a – baからbを引く「引き算」
a * baとbをかける「かけ算」
a / baをbで割る「割り算」
a // baをbで割った「商」
a % baをbで割った「あまり」
a ** baのb乗 「乗数計算」

 

2.実際に計算してみよう

では、さっそくPythonを使って計算してみましょう!今回は、先に練習問題を出すので、まずは自分で考えてみてください!

練習問題1

「10÷3」の「」と「あまり」をそれぞれ出力してください。

求める結果

3
1

どうですか?ちゃんと上の結果が出力できましたか?「出力できた!」という人、または「ギブアップ!」という人は、下の回答を見てください。

 

練習問題1 回答

print(10//3)
print(10%3)

 皆さん、正解できましたか?プログラミングの上達には、やり方をある程度学んだら、とにかく自分で考えて書くことが大切です!できなかったという方も、落ち込まずにもう一度説明を読み直し、しっかり学んでいきましょう!

 

3.変数と組み合わせてみよう

さて、もう少し幅を広げるため、今度は変数と組み合わせて使ってみましょう!まずは以下のコードを実行してみてください。

num1 = 10
num2 = 3
shou = num1 // num2
amari = num1 % num2
print(shou)
print(amari)

結果は、「3」、「1」の順に出力されたと思います。

これは、練習問題1で行った処理を、すべて変数に入れて計算から出力まで行ったものです。このように、変数を使っても同じように計算することができます。

 

4.変数の復習と計算式

さて、ここまで計算について学んできましたが、ここで「変数」について少しおさらいしたいと思います。

「変数」に文字を入れる場合は、下のように「’」でくくっていましたね。

name = 'Hello World'
print(name)

この時、数字も「’」でくくると、文字扱いになると解説しました。このことについて、もう少し詳しく解説したいと思います。以下のコードを実行してみてください。

num1 = '4'
num2 = num1 + 3
print(num2)

すると以下のようなエラーがでて、計算結果が出力されないと思います。

このエラーは、「文字と数字は繋げられません」というエラーです。なぜこのようなエラーが出るかというと、num1が「数字の4」ではなく「文字の4」になっているからです。

このように、「’」でくくると数字も文字として扱うことになるため、計算を行う場合は「’」を間違えてつけないように注意しましょう!

 

5.まとめ

この章では、Pythonにおける「計算」について学びました。書き方は多少異なるものの、皆さんに比較的なじみ深い内容だったため、理解しやすかったと思います。

注意点しては、以下のようなものでしたね。

Point
  • 基本的に通常通りの計算式で良い。(一部の例外は演算子の表を確認)
  • 変数に数字を入れても同じように計算できる。
  • 変数に数字を入れる際は、「’」でくくらないように注意!

 

では、少し短いですが、今回の章はこれくらいにしたいと思います。

次回は、今までの内容を踏まえて少し演習を行いたいと思います!今まで学んだことの理解を深めるためにも、頑張って解いてみましょう!

>>前回:第5章 Pythonの条件分岐(if)を使ってみよう

>>次回:第7章 Pythonの演習問題を解いてみよう

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-python, Python初心者講座
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

第2章 Pythonを使ってみよう

前回はPythonのダウンロードについて解説しました。この章では、さっそくPythonを使ってみましょう! 解説内容 Anaconda Promptを起動しよう Pythonで文字を出力しよう(pri …

Pythonで2次元の平面分布図を作成しよう(matplotlib)

matplotlibは、Pythonでグラフを作成する際に便利なライブラリです。 ここでは、matplotlibを用いて、Pythonで平面的な分布図を作成する方法について解説したいと思います。 解説 …

第9章 Pythonの入力(input)を使ってみよう

この章では、入力文(input)を学んでいきましょう!入力文とは、プログラムを実行した後に、あとから好きな文字や数字をプログラムに反映させる方法です。 解説内容 inputの使い方 inputを使って …

第10章 Pythonのライブラリを使ってみよう(anacondaでの導入解説)

この章では、Pythonを使う上でとても重要な「ライブラリ」について、導入から使い方まで説明していこうと思います。 解説内容 そもそもライブラリって何? さっそくライブラリを使ってみよう ライブラリを …

第7章 Pythonの演習問題を解いてみよう

ここまでの章で、プログラミングにおいて重要な、「変数」、「ループ処理」、「条件分岐」そして「計算」についてを学んできました。この章では、これらを組み合わせた演習問題を解いてみましょう! プログラミング …

スポンサーリンク





初めまして、サイトを運営しているキユと申します。

このサイトでは、まったくの初心者がPythonを使って、単純作業や仕事を効率化できるようになるまでに必要なことをまとめています。